05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

楽しんでおります(*´ω`*)

期待で胸がIカップ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ご贔屓

2011年参加イベント

3次元へようこそ

2010年参加イベント

2009年参加イベント

2008年参加イベント

2007年参加イベント

カウンター

ブログ内検索

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: -- |  cm: --
go page top

きゃらほび◆薄桜鬼ステージ

朝の準備も慌しく、ブログを更新できないまま行ってきました!
きゃらほびへ!


13時45分整列開始というに、着いた時刻が13時30分。


Hさんには多大なご迷惑をおかけ致しました(TOT)
その節は、お騒がせして申し訳ございません…!
色々とありがとうございました(TOT)



なので、結局

100828_1623~01
こういったブースや

100828_1554~01
こういった私ホイホイ

を、堪能する暇もなく、整列場所へ。


整列の間、ミルキーホームズやCMを横目で楽しめたので、暇を持て余すことなく待機できました。


CMで既に流れてはいたのですが、さぁ!薄桜鬼参加の皆様ご着席をー!とぞろぞろと入場し初め、やっと入れたーと思ったその瞬間


aki.jpg
「ハァキラァ……」


咎狗アニメのCMでした。


ケイスケさん、泣いておりましたので、声が「アキラァ…」ではなく「ハァキラァ…」になってまして。

これは正しくハニキの法則。


このケイスケさんの声が、非常にセクシーななんとも言えないお声でしたので、一人で口元抑えるのに必死でございました。


と、そんな思わぬ衝撃弾を食らいつつ、やっとこさ着席。


ここから先は、イベントの感想でございます。
ネタバレ満載なので、お気をつけください。






いよいよ始まりました、薄桜鬼ステージ。


司会をお務めになるアシスタントプロデューサーさんからの紹介で、キャストの皆様が登場。


(桑島さん、なんて綺麗なお着物を…!)

橙と白で色づいた非常にキレイな色彩放ったお召し物に、心奪われているうちに


(ミキさまーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

すみません、当日バタバタしていたおかげで、沖田と先生というキーワードのみを背負って着席したがゆえ、

(あぁぁぁミキ様もやってくるのだったーーーーー!!)

と、テンション上がりすぎて仰け反ってしまいました。

半端ないオーラと、あの、まるで執事なお辞儀のスマートっぷりに、ため息でございます。


ミキ様のオーラで2歳ほど若返った後は、でしゅ様登場。

沖田!沖田!


胸高まっておりましたら


先 生 !


胸の高まり、条件反射。


せんせーーい!せんせーーーい!



と、叫ぶことは出来ませんので、ひたすらに口元をにや付かせておりました。
変態です。


本日、ひたすらに、黒扇子を酷使なさっておりまして…

grgrr.jpg
なびく髪に、ドキドキ。

あんなになびいている御様子は見たことなかったので、初めて見る先生の御容貌に、キャッキャと喜んでおりました。
なにやら細かくてすみません…



そして、つだけんさんが登場。

津田さんも、そのスマートでクールな出で立ちで、しかも普段のお声も低くていらっしゃるので、必然的に胸が高まります。


と、そんなこんなで、キャストもステージに揃い、イベント開始。

主に、視聴者の選んだアニメ名シーンを、キャストの皆様と振り返る…という趣旨の内容でした。

池田屋事件や最終回等々、沢山シーンが選ばれたのですが、

キャストも観客も、見入るのみ。

みなさん、余りに見入ってしまい、ほぼ、普通に映像が流れて「はぁ…(すばらしい…)」と感嘆のため息が溢れる流れとなっておりました。笑


「これ、私達、コメントしていくべきなんですよね?」な一言が出るほどでして。笑


そんなワタクシも、映像に見入ってしまって、薄桜鬼の凄さを思い知らされた次第であります。


しかし、キャストのみなさま語るところは語ってくださり!


千鶴が芸者の出で立ちになるシーン。
平助やサノや新ぱっちゃんが見惚れて「はぁーー…」とため息つく際、沖田と斎藤さんは声要るかな…となったそうで。

これ、僕も声だしたんですよ、はぁー…っぁーー‥って

と、先生が…


これ、これ、私の大好きな先生の魅力のひとつなのですが、

上記の言葉。


緑色の部分…辿々しい平仮名声
赤色の部分…最早捕まってもおかしくない、セクシーすぎる声


う…!ちょ!まーーー!
なんでこう一瞬にして雰囲気違う声がでるかな…あぁ先生素敵!素敵!声質もパーフェック!


一人で耐えるには荷が重すぎました。


「これ、僕も声だしたんですよ、「はぁー…っぁーー‥」って」
「でも、放送でカットされてました(苦笑)」


と、説明して下さりました。


後!そうだそうだ!
個人的に、森久保さんの、オレオレが楽しかったでございます。

沖田が出ると、「あ!これ、オレオレwww」とはしゃぎ始める森久保さんが、非常にヒットでございました。


後は、やはり、ミキ様のお言葉が…
さらりと重い感想で、うんうん…とうなづいてしまいました。


あ!あと、

「ちょいちょい出てくるんだよね」
「本当、毎回、ちょいちょい出てきて、ひゅーーーーっとどっか去っていくんだよね」

と、津田さんと三木さんが、風間についてつっこんでくれていて、ワタクシ、

「そうなんだよ!」

と、よくぞ言ってくれた!状態でした(笑)

本当に、ゲームの時は何度「誰…?誰…?って、またちー様www」とつっこんだことか…



そしてそして、シーンの振り返りが終わった後は、2期のお話へ。


「碧血録」と名付けるに至った経緯を説明して下さり、待ってましたのOP映像。


本邦初公開!
だめだ…これ、これを一人で見るのはきつい…キャッキャしたい…叫びたい…けと一人…!

葛藤を繰り返しつつ、拝聴。



さすが、非常にキレイな映像です。

馬に乗って走る土方さんを筆頭に、各キャラがクローズアップされていく流れで…

土方さんに引き続き、洋装で可愛さ際立った平助のシーンへ。

平助の時代が、キタ。


鼻息ふんふんしている間に、


沖   田   。

よりによってよりによって、床に付しているシーンなのですね。


sdsd.jpg
そのはだけっぷりは、風邪をひく。


昨晩牡丹がボトッと落ちたに違いない。


そう確信させられる、肌着の乱れっぷりで、会場も「きゃぁぁぁあ」
私も思わず「っちょ…」

その後の憂いの表情の色艶やかさにも、「ふあ!」となってしまいました。


沖田の萌えっぷり半端ないでございます…
イラストの顎もしゃくれてしまう訳でございます…

やっぱり、森久保さんな沖田が、本当、たまんなく好きです。はい。



斎藤さんは、カッコイイ戦闘シーン。

流れるようなアクションが非常にカッコよかったもす。


左之もアクションシーンだったのですが、なぜかキャストの皆様笑っておりました。笑
なんで笑っていたんだろう…


その後、ゲームの後半に出てくるキャラクターも次々登場。


萌に萌えまくったOPでした。


OPをみて、キャストの皆様の感想を求める司会者さん。

先生が、超力強く

「島田ですね。」

「島田すげぇかっこよかった!」「島田!」「島田!」「島田ルートなんじゃない?」

キャストの皆様の島田推しがはじまりました。笑


「沖田も、床に臥せってましたが…」の司会者さんの振りに

ベッドシーンですね

と、森久保さん。


思わず、ワタクシ、大爆笑www
ベッドシーンではないwww
アレなソレを想像してしまうwww


キャッキャしてしまいました、すみません。



案の定「ベッドではないですよ、ふとんです」なツッコミいただいておりました。



っと、すみません、そんなこんなで、非常に萌え楽しんだ薄桜鬼ステージ!

最後は、やはり、三木様の、舞台袖で一度振り向き、観客にお辞儀をして帰るという、スマートな振る舞いに、満たされて終了となりました。


っとあああああ


何か、呼ばれたので行ってきます。


薄桜鬼万歳ーー!

カテゴリ: イベント

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tama1163.blog19.fc2.com/tb.php/3718-b7dcc900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。